武田信玄の旗印「風林火山」はビジネスにも通じる その意味は?

「武田信玄の旗印「風林火山」はビジネスにも通じる その意味は?」のアイキャッチ画像

皆さま、おはようございます。

 

武田信玄の旗印「風林火山」はビジネスにも通じる その意味は?

 

武田信玄と言えば、戦国最強といわれた武将。

 

旗印は「風林火山」。

かの有名な孫氏の兵法ですね。

 

武田信玄の旗印「風林火山」はビジネスにも共通して通じます。

 

其疾如風、其徐如林、侵掠如火、不動如山

その疾(はや)きこと風のごとく
その徐(しずか)なること林のごとく
侵掠(しんりゃく)すること火のごとく
動かざること山のごとし

 

意味は、、、

攻めるときには、風のように速く行動すべき。

敵に気づかれずに準備し、機会を待つことが大切。

いざ侵略し、攻め込んでいくときには、火が燃え広がるような激しさで、勢いよく戦うのが肝心。

一度動かずに自分の陣営を守ることを決めたのなら、敵の挑発や攻撃に動じず、山のように落ち着いてどっしりと構えて守り抜くことが肝要。

 

戦においての指針ですが、

これは、ビジネスにおいても共通して言えることですよね。

 

「風林火山」にはその続きがあるのをご存知ですか?

 

難知如陰、動如雷霆

知りがたきこと陰のごとく
動くこと雷霆のごとし

 

意味は、、、

味方の戦略などは、暗闇のように相手に知られないように。

兵を動かすときには、雷のように激しくすること。

 

 

まさしく、ビジネスにおいても言えることですね。

攻めるときは攻め、守るときは守る。

 

戦国最強と謳われた武田家も、

長篠の戦いで織田信長の前に敗れ滅亡しますが、

これらの信念に裏打ちされた信玄公の政策は見事なものでした。

 

今もってビジネスにも生かすことができますね。